思へば過ぎし

ホーム › 会則・校歌・会歌等 › 思へば過ぎし

思へば過ぎし

思えば過ぎし

作詞 本田正一

曲  (思へば遠し神の御代)

 

一 思へば過ぎし 夏の末

伊予の小富士を眺めやる

高浜沖に催せる

松山宇和島西条の

 

二 ボートレースのその折に

いとも名誉の光ある

チャンピオンフラグは勝山に

あはれ二度握られぬ

 

三 いかに南予の覇王とて

思へばここに幾年か

誇りし我等も甲斐なしや

あはれ無念の血の涙

 

四 昔越王勾践は

受けし恥辱を雪がんと

月や花には目もくれで

薪に臥しつ肝を嘗め

 

五 努め励みし甲斐ありて

やがて気に来にけり会稽の

山より高きそのほまれ

幾千代ふるも残るなり

 

六 ああ起て四百の健男児

起つべき時は此の時よ

人に遅れて恥かくな

熱血溢るる健男児

 

七 よしや炎熱赫々と

金鉄融かす夏の日も

オールを鉾と心得て

鍛へや鍛へこの腕を

 

八 よしや寒風凛冽と

流水凍る冬の日も

オールを鉾と心得て

鍛へや鍛へこの腕を

 

九 起て起て四百の健男児

起つべき時は此の時よ

人に遅れて恥かくな

熱血溢るる健男児

 

(宇中漕艇部の歌)

宇東高体育祭

会 員 募 集

宇東の同窓として

共に歩みましょう!

今すぐ Contact  を

 

 

 

お問い合わせ